オンラインカジノの歴史

スロット、ブラックジャック、ルーレットなどのテーブルゲームからスポーツベッティングまで出来るオンラインカジノは、インターネット上でいつでもどこでも気軽に楽しむことが出来ます。オンラインカジノはエンターテイメント、そしてギャンブルのひとつとして世界中で親しまれていますが、いつどこで誕生し、普及したのか気になるところではありませんか?今回はオンラインの歴史についてご紹介します。

オンラインカジノの始まり

1994年、カリブ海に浮かぶイギリス連邦加盟国である「アンティグア・パーブーダ」という小さな島国で、世界初のオンラインカジノの運営ライセンスが発行されました。あまり名前も聞かない小さな国でオンラインカジノの大元が始まり、現在は世界中でプレイされているのです。

一時期、アメリカがオンラインギャンブルの規制を行った際にも、オンラインギャンブルの立場を守るために積極的にアンティグア・バーブーダは働きかけており、その信頼度は確かです。
今では多くの国がオンラインカジノに関するライセンスを発行するようになりましたが、アンティグア・バーブーダのライセンスがあるオンラインカジノなら安心してプレイすることが出来ます。

最初のプロバイダー

オンラインカジノ運営会社が運営するにあたり必要なものは「運営ライセンス」と「プロバイダー」です。

世界初のオンラインカジノを作り出したのが、人気のプログレッシブジャックポットMega Moolah(メガムーラー)など、1200以上のゲームを手掛けるマイクロゲーミング社(Microgaming)社です。マイクロゲーミング社は、アンティグア・パーブーダでオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律ができる以前から目をつけており、同年の1994年マン島(グレートブリテン島とアイルランド島に囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する島)で設立されました。

現在も同じ場所を拠点にし、設立以降安定したサーバーと抜群の信頼があり、日本人プレイヤーにも人気のプロバイダーです。

ソフトウェアの誕生

さらにオンラインカジノを安全に運営する上で必要不可欠なのが、オンライン決済セキュリティーソフトです。

オンライン(インターネット上)における金銭のやり取りを安全に取引できるソフトウェアを1996年に「クリプトロジック社」がアイルランドのダブリンで一番最初に開発しました。現在では大手企業となり、1998年にトロント証券取引所、2000年にナスダック、そして2003年にはロンドン証券取引所に上場を果たしています。

世界初のオンラインカジノサイト

クリプトロジック社が開発したソフトウェアのおかげで、いよいよオンラインカジノの運営が始まります。世界初のオンラインカジノサイトは日本マーケットにも進出しているインターカジノ(Inter Casino)です。

実は、インターカジノは、オンライン決済ソフトを開発したクリプトロジック社の子会社である「ウェイジャーロジック社」によって立ち上げられまいした。

オンラインカジノで最も重要な決済部分とオンラインカジノサイトが同じ会社というのも納得です。

オンラインカジノの成長期

オンラインカジノが誕生してから、現在のようにスマホで様々なゲームをプレイにできるようになりましたが、そこに至るまでオンラインカジノは短い期間で一気に成長を遂げました。

1998年 プログレッシブゲームの誕生

オンラインカジノサイトが登場した2年後の1998年には、一攫千金を収めることができるジャックポット付きスロットなどのプログレッシブゲーム、そしてオンラインカジノでのポーカールームが誕生しました。

2000年には、オンラインギャンブル業界全体では8億3400万ドルの収入を突破しています。様々なライセンス、オンラインカジノサイト、プロバイダー、そしてオンラインカジノのゲームをプレイ出来る国が次第に増えていき、まさにオンラインカジノの成長期と言えます。

2010年 モバイル化への発達

スマホの普及もあり、現在では70%以上のプレイヤーがスマホからオンラインカジノゲームをプレイしています。

カジノサイトがモバイル版のサービスを導入したのは2010年頃のことです。

GoogleやSafariなどブラウザからオンラインカジノのサイトを開いてプレイすること以外に、iPhoneのApp StoreやAndroidのGoogle Playなどの専用のアプリを提供するカジノサイトも続々と増えており、スマホ専用のゲームも開発されています。

オンラインカジノの今後

様々なことがオンライン化され、ITサービスが生まれる今日、オンラインカジノ業界もさらに大きくなっています。

オンラインカジノの創設当初は、公式ライセンスを持たない悪徳業者が存在していましたが、現在はプレイヤー保護を目的とする監査の強化がされ、公式ライセンス発行国は21ヶ国にも及びます。

2020年のオンラインカジノ業界のマーケットサイズはなんと約6兆484億円!今後もプレイヤーが安心して楽しめるサービスに益々期待出来ます。