カジノ必勝法「マーチンゲール法」

オンラインカジノの攻略法、戦略法として最も人気で有名なのがマーチンゲール法です。オンラインカジノだけではなく、ランドカジノや投資などにも使われており、活用方法は簡単なのに、論理的には絶対勝つという手堅い戦略法です。

使用方法を覚えて、実際のオンラオンカジノ のプレイに使用してみましょう。

マーチンゲール法を活用できるゲーム

勝つまではベット額を倍にしていくとてもシンプルな方法です。勝負をして負けた時にベット額を2倍にすることで、負けた分を取り戻すことができます。ただし、使用できるゲームは勝率が50%のゲームのみ。ブラックジャック、ルーレットの赤黒ベット、またバカラに使用することができます。

マーチンゲール法 活用方法

1. 初回にベットする金額を決めます。

(最初は1ドルなど低めの額を賭けましょう)

2. 勝敗によって次のゲームのベット金額を変える必要があります。

  負けた場合:次の勝負では倍の金額を賭ける

  勝った場合:攻略法をやめ、初回ベット金額に戻ります

マーチンゲール 法のシュミレーション

実際にルーレットの赤黒賭けでシュミレーションしてみましょう。ここではずっと赤に賭けます。

  1. ルーレットの「赤」に$1 をベットします→負け
  2. 負けたので、倍額の$2 を「赤」にベットします→負け
  3. 負けたので、さらに倍額の$4 を「赤」にベットします→負け
  4. 負けたので、さらに倍額の$8 を「赤」にベットします→ 負け
  5. 負けたので、さらに倍額の$16 を「赤」にベットします→勝ち

 勝ったので、マーチンゲール 法を一度やめ、$1 に戻してベットしましょう。

負けが続いても、最終的に勝てば$1の利益を出すことができます。

要するに、最終的には初回ベット額分だけ利益が出ることになります。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法は負け知らずの攻略法にも思えますが、注意するべきことがいくつかあるので、事前に抑えておきましょう。

最大ベット額がある

全てのカジノゲームには最大ベット額が決まっています。例えば連続で9回連続で負けた場合、例え最初に1ドルからベットをはじめたとしても、10回目のベット額は5,120ドルです。ゲーム、またオンラインカジノによって最大ベット額は異なりますが、5,000ドルは大きな数字ですよね。最初から高い金額を設定してマーチンゲール法を使用する場合は、最大ベット額が高いものを選んでプレイするようにしましょう。仮に、最大ベット額を超えてしまった場合、マーチンゲール法が成立せず、多額の損失額は発生してしまいます。

バカラではプレイヤーにベット

バカラでマーチンゲール 法を使用する際は、プレイヤーにベットするようにしましょう。その理由はバンカーに賭けて勝利すると、5%のコミッションがカジノ側に取られるためです。マーチンゲール法を使用すると、賭け金と同様にコミッション額も大きくなっていき、利益が出なくなってしまいます。

まとめ

マーチンゲール法はとても簡単に使用でき、着実に勝利金を増やすことができる戦略法です。欠点としては、一番最初のベット額が低いと、勝利金も低い額しか得ることができません。しかし、慣れてきたら最初のベット額を増やしたり、負けた時に次のベット額の乗数を2倍ではなく3倍にするのも、ひとつの方法です。そうすれば勝利を得た時により勝利金を得ることができます。

また、マーチンゲール 法を活用する際は、連続で負けた時のことを考えて、最大ベット額がなるべく高いゲームを選び、入金額も多めにしておきましょう。