オンラインカジノの乱数発生器(RNG)とは

オンラインカジノをプレイする上で、オンラインカジノ側が勝ち負けを操っているのではないの?と疑問に思う方もいるはず。合法のオンラインカジノでプレイすればそんな心配はありません。合法的に運営しているオンラインカジノ=ライセンスがある=乱数発生器(RNG)を扱っています。
あまり聞き慣れない言葉「乱数発生器(RNG)」。その仕組みと詳細をご紹介します

オンラインカジノの乱数発生器(RNG)とは

乱数発生器(RNG)は英語でランダムナンバージェネレーター、RNG(Random number generator)と呼ばれます。基本的に、現在のオンラインカジノのスロット、そしてブラックジャック、バカラ、ルーレットなどのすべてのゲームは、乱数発生器(RNG)により動作しています。乱数発生器(RNG)はプログラムされているアルゴリズムで、スピンやカード配布が完全にランダムであることを保証してくれます。また、乱数発生器(RNG)は、すべてのオンラインゲームにおいて、ゲーム規制で義務付けられている「平均賭け金の少なくとも92%を返す」という、最小の値を保証するようにプログラムされています。

実際のところ、昔はこのような機能がなく、スピンで当たりが出るタイミングを見計って特定のリールを停止して、勝利の可能性を高めることができした。現在は、どんなに熟練のプレイヤーでも不可能になっています。

プロバイダーによる乱数発生器(RNG)とは

プロバイダーとはオンラインカジノのゲームを制作する会社のことです。日本で人気のプロバイダーはNetEnt社や、Golden Hero社があり、どのプロバイダーもゲームを制作する際に、乱数発生器(RNG)がつけられます。そうすることで、オンラインカジノの運営会社の悪意からプレイヤーを保護することができます。また、ライセンスがある合法的に運営するオンラインカジノは信頼できるプロバイダーを扱うことがプレイヤーへの信頼度を高めることになります。

ランダムジェネレーター

乱数発生器(RNG)の仕組み

乱数発生器(RNG)はマイクロプロセッサというコンピュータにおける演算や制御などの機能を一枚の半導体チップに集積したもので、コンピュータの心臓部であるCPU(中央処理装置)を利用しています。
乱数発生器(RNG)はスロットマシンがプレイされていない時にも、常に数値を生成しており、1秒間に数十億回発生しています。
この数字は、プレイヤーがスロットのスピンボタンまたは決定ボタンを押した際に、マシンに生じる最新の番号が決定されます。生じた乱数は、スロットの各リール上の位置にシンボルを着地、またはトランプのナンバーなどが表示されます。このシンボルの組み合わせは、事前にRNGによって、リールをスピン、決定ボタンを押した時に決められています。
そのため、電波が悪くなった時、回線が何かの理由で切れてしまった時、エラーの際も、結果が変わることはありません。基本的にペイアウト率とヒット率の両方が既に設定されていて、常に動作しています。実際のところ、勝利の組み合わせが生成されずに数日間稼働したり、短時間で何度もヒットする可能性もあります。また、カジノをプレイするスピードにより大きな勝利を獲得するチャンスを向上させたり、逆に低下させることもありません。

ヒット率とは

ヒット率とは、スロットにおける当たりが出る頻度を示す数字のことをいいます。要するに、ヒット率が高ければ高いほど、当たりが出やすいことを示します。プログレッシブ ジャックポットが当たる確率は27,000分の1だといわれてます。非常にヒット率が低いことがわかりますが、結果は常にランダムに発生し、全てのプレイヤーに公平にヒットする確率があります。そのため、ヒット率が極端に低い場合でも、1度スピンさせただけでジャックポットが当たることもあります。一方で、ヒット率が高い場合でも、なかなかあたりが出ないこともあります。そのため、ヒット率を目安にスロットを選んだとしても、当たるかどうかは完全に運任せです。

カジノゲームを選ぶ際にヒット率を意識する必要はあまりなく、ヒット率にとらわれずに、好きなカジノゲームをプレイしましょう。

乱数発生器(RNG)まとめ

ライセンスがあるオンラインカジノなら乱数発生器(RNG)の機能がついたカジノゲームのみを取り扱っており、イカサマ などなく安心してプレイすることができます。オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、運により勝敗が決まるゲームがほとんどです。勝率をあげたい場合は、ベット額を変えて資金管理することや、数学的なナンバーに基づいた戦略法を使用することができます。