クラップスのルールとプレイ方法

クラップス(Craps)とは、2個のサイコロの出目を競うカジノゲームで、特にアメリカで大人気のゲームです。英語では別名「Seven-Eleven(7-11)」とも呼ばれます。ディーラーとの勝負にもかかわらず、プレイヤー側がサイコロを振ることができるエキサイティングなゲームを楽しめます。また控除率(胴元の取り分)が少ないのも特徴です。
プレイ自体はシンプルですが、様々な賭け方ができます。しかしブラックジャックやバカラのように戦略によって勝てるゲームではありません。そのため、カジノ初心者の方でも気軽に楽しむことができ、またハイローラーの方にも人気があります。オンラインカジノではコンピューター対戦ができるテーブルカジノとウェブカメラを使用してリアルタイムでディーラーとプレイできるライブカジノが楽しめます。クラップスのプレイ方法を知って、実際にこの興奮を味わってみましょう!

クラップスの流れ

クラップスのサイコロを投げる投げ手(シューター)はプレイヤー自身です。複数のプレイヤーがいる場合は、シューターは順番に回ってきます。プレイヤーは(シューターを含む)は、シューターが勝つか負けるかに賭けるのがクラップスの基本ルールです。シューターは2つのサイコロを振って、サイコロの合計がポイント、あるいは7を出すまで第2投、第3投、第4投とサイコロを振り続けます。

サイコロの出目の合計が7か11ならシューターの勝ち、出目の合計が2,3,12ならシューターの負けです。それ以外の場合は結果が出るまで、またサイコロが振られます。

1️⃣賭け金を置く

まずは自分の好きな場所にチップを置きます。ディーラーからノーモアベットの合図がかかるまで、自由にチップを置く場所を考えることが出来ます。

2️⃣投げ手(シューター)がサイコロを2つ投げる

シューターがサイコロを投げることをカムアウトロールと言います。ランドカジノではプレイヤー自身が順番にサイコロを振りますが、オンラインカジノの場合は、自動でサイコロが振られます。

3️⃣結果が出る

2つのサイコロの目の合計で結果がでます。

下記の合計数字がでた場合、直ちにゲームの勝敗がでてゲーム終了です。

・合計が7, 11の場合→シューターの勝ち:ナチュラル(Natural)

・合計が2, 3, 12の場合→シューターの負け:クラップス(Craps)

下記の合計数字がでた場合、ゲームを続行します。

合計が4, 5, 6, 8, 9, 10の場合

(4, 5, 6, 8, 9, 10をポイントと呼びます。)

4️⃣結果がポイントの場合、2投目が投げられる。

2投目は、1投目のポイントが基本となります。2投目のサイコロの合計の数字がポイントならシューターの勝利、合計の数字が7であれば、セブンアウトと言ってシューターの負け、それ以外の数字であれば、勝敗が決まるまで、同じように繰り返されます。

また、2投目からは、数字を指定することができ、その数字が出続ければ配当を受け取り続けることができます。

クラップスの賭け方

クラップスには大きく分けて、ゲーム全体を通して賭けるマルチロールベットと、次に振られるサイコロの出目に一発勝負で賭けるワンロールベットの2種類があります。まずはゲーム全体を通して賭けるマルチロールベットからご紹介します。

🎲パスライン(PASS LINE)

最も基本的な賭け方です。シューターが勝つことに賭けます。

 合計が7, 11(ナチュラル)なら勝ち

🎲ドントパス(DON’T PASS)

ドンドパスも基本的な賭け方です。シューターが負けることに賭けます。

 合計が2, 3, 12(クラップス)なら勝ち

🎲カム(COME)

基本的にパスラインと同じです。異なる点は、1投目のカムアウトロールの後の任意のタイミングで賭けることが出来る点です。

 合計が7, 11(ナチュラル)なら勝ち

🎲ドントカム(DON’T COME)

基本的にドントパスと同じです。異なる点は、1投目のカムアウトロールの後の任意のタイミングで賭けることが出来る点です。

 合計が2, 3, 12(クラップス)なら勝ち

🎲オッズ(ODDS)

4, 5, 6, 8, 9, 10(ポイント)が出た後に追加で賭けることができるチップのことです。

先に「パスライン」「ドントパス」「カム」「ドントカム」のいずれかにチップを賭けており、追加ベットで配当を大きくすることが出来ます。控除率(カジノ側に取られる手数料)がゼロのためプレイヤーにとって100%有利な賭け方です。

🎲プレイス(PLACE)

4, 5, 6, 8, 9, 10(ポイント)の決定後に、任意のポイントナンバーに直接チップを賭けることができる賭け方です。ポイントナンバー「4、5、6、8、9、10」のいずれかのみに賭けることが出来ます。

【例】

ポイントナンバーが4になっていた場合、プレイスの4に賭ける。
7より先に4が出れば勝ちとなります。

🎲ロス(LOSE)

プレイスの真逆の賭け方です。任意のポイントナンバーに直接チップを賭けます。ポイントナンバー「4、5、6、8、9、10」のいずれかのみに賭け、賭けたポイントナンバーより先に7が出れば勝ちとなります。

【例】

ポイントナンバーが4になっていた場合、レイの4に賭ける。
7が4より先に出れば勝ちとなります。

🎲ハードウェイ(HARDWAY)

サイコロの出目がゾロ目であることに賭けます。出る確率が非常に低いため高配当な賭け方です。サイコロの出目が以下のいずれかに賭けます。

  • 2:2
  • 3:3
  • 4:4
  • 5:5

次に振られるサイコロの出目に一発勝負で賭けるワンロールベットを見てみましょう。

🎲フィールド(FIERD)

次の出目が「2、3、4、9、10、11、12」のいずれかが出れば勝ちとなります。一発勝負のため「5、6、7、8」が出て外せば負けとなります。

🎲セブン(SEVEN)

セブン、またはエニーセブンといわれるます。次の出目が7であれば勝ちとなります。*逆にいえば7以外は全て負けとなってしまいます。

🎲クラップス(CRAPS)

「2、3、12」のいずれかが出れば勝ちとなります。

🎲ワンロール(ONE ROLL)

次のいずれかの組み合わせが出れば勝ちとなります。

  • 1:1
  • 1:2
  • 5:6
  • 6:6